導入事例

職員室に共有PCを設置し、出入りのタイミングでステータスを変更。
学生が集まるロビーに壁掛けモニターを設置し、職員の在籍情報を
見える化!コロナ禍での急な在宅勤務にも活用!

東放学園専門学校

学校・教育機関
事業内容 専修学校運営
設立 1979年4月1日
従業員数 171名
URL https://www.tohogakuen.ac.jp/
料金プラン 有償版
導入前の課題
  • 職員の所在確認について、職員同士は職員室内に設置しているホワイトボードで確認を
    行っていたが、学生側は職員室に直接聞きに行く他に方法がなかったため、職員を探すことが
    多々あり不満の声が挙がっていた。
導入背景
  • 展示会でZAiSEKIを見つけ、まずは少人数で運用を開始。
  • はじめはホワイトボードの代用として職員のみで共有。
  • しばらく無償で利用していたが、全体で利用する場合30名を超えてしまうため有償版への
    変更を決意。
選定理由
  • 無償版で実際に運用を試すことができて具体的な検討ができたため。
  • 職員室内だけでなく、どこからでもステータス変更ができるため。
  • デザインがシンプルで見やすい。
導入効果
  • 学生が職員の在籍情報を確認できるようになったため、職員を探す生徒が少なくなった。
  • どの職員が出勤しているか、どこの教室で講義をしているかが見える化したため、
    休日出勤の方の把握などがし易くなった。
使用方法

スマートフォンでのご利用方法

  • 基本は共有PCよりステータスを変更しているが、スマホから操作を行う職員もいる。
 

パソコンでのご利用方法

  • 職員室内にPCを設置し、職員室の出入りのタイミングでステータスを変更している。
  • 共通のアカウントを1つ発行し、他のメンバーのステータスを変更する機能を利用して
    1端末でも複数人のステータス変更ができるようにしている。
 

ボード表示のご利用方法

  • 学生が集まるロビーにモニターを壁付けで設置し、ボード表示画面を表示。
    職員がどこにいるかを確認している。
 

グループ登録のご利用方法

  • 学科、役員、事務担当、就職担当の登録をしている。

その他、ZAiSEKIの社内ルール

  • ステータス変更を忘れてしまう職員もおり、入力に関する校内ルールを策定し、ルールに則り
    運用している。


<ルール一例>

・短時間席を外す場合は無理にステータスを変更する必要はない。可能であればステータスを
 [その他]として行き先を表示する。

・他のメンバーのステータス変更を可とし、明らかなステータス違いに気づいた場合は他の教職員の
 ステータス訂正を行う。

・退勤時は、翌日の出勤時間を入力する。

・出先から直帰する場合、自分でステータス変更ができなければ、直帰報告を所属長へ入れる時に
 ステータス変更をしてもらう。

・ステータスの入力は以下のように行う。



※コロナの影響で4月より在宅勤務を実施しており、ステータスに[在宅勤務]を追加し利用している。
使用イメージ

【ボード表示】

【PC画面】

お客様の声
  • 現状の運用を大きく変更せず、学生・先生双方での在籍管理を低コストで実現でき、
    大変満足している。
事例一覧
お問い合わせ PAGETOP